読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Product Advertising API : Operations まとめ

Developer Guide (API Version 2009-10-01)

利用できるOperationの一覧はこちら

ガイドにあるOperationは全て使えるわけではなく、日本向けには利用できないOperationも存在します。

利用できないOperationを実行した場合、以下のようなエラーが返ってきます。

<Error>
  <Code>AWS.InvalidOperationForMarketplace</Code>  
  <Message>This operation, [指定したOperation] is not available for this locale.</Message>
</Error>

Operations 一覧

そこで、Operationの利用可否と、利用可能なOperationについては概要をまとめます。

Operation 概要
BrowseNodeLookup NodeId(商品カテゴリに一意に振られたID)を指定して、上位カテゴリ,下位カテゴリ及び指定したカテゴリの、NodeID,商品カテゴリ名を取得する。
CartCreate ショッピングカートを作成する。
CartGet ショッピングカートの内容を確認する。
CartAdd ショッピングカートに商品を追加する。
CartModify ショッピングカートの内容を変更する。(注文数の変更)
CartClear ショッピングカートの内容をクリアする。
Help ヘルプ
ItemLookup 商品の詳細情報を取得する。
ItemSearch 商品検索を行う。
ListLookup ほしい物リスト(ウィッシュリスト)を指定して、公開されているほしい物リスト(ウィッシュリスト)の検索を行う。
ListSearch ほしい物リスト(ウィッシュリスト)やリストマニアを指定して、内容を取得する。
SellerListingLookup 出品者を指定して、出品している商品の詳細情報を取得する。
SellerListingSearch 出品者を指定して、出品リストを取得する。
SellerLookup 出品者を指定して、出品者の評価等を取得する。
SimilarityLookup 類似品の検索を行う。

以下、利用不可

  • CustomerContentLookup
  • CustomerContentSearch
  • TagLookup
  • TransactionLookup
  • VehiclePartLookup
  • VehiclePartSearch
  • VehicleSearch

Operations まとめ

大きくまとめて、

  • 商品カテゴリ操作[BrowseNodeLookup]
  • ショッピングカート処理[CartXXX]
  • 商品検索[ItemXXX]
  • リスト検索[ListXXX]
  • 出品者情報取得[SellerXXX]
  • 類似品検索[SimilarityLookup]

となります。


利用者の利便性を考慮する場合は、商品カテゴリ操作商品検索を有効に使う必要があります。
さらに、類似品検索を利用して購入者の興味を惹くのも効果的です。

次に、自分自身で出品、またはリストを作成し、リスト検索出品者情報取得を利用して購入者の囲い込みを狙えます。

最後に、Product Advertising APIを利用してサイトのマネタイズを進める場合にはショッピングカート処理は必須ですね(・ω・)