読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メール配信アプリ開発時には必須! ローカルメールサーバ「Papercut」

メール配信アプリ開発時にネックになるのが、開発用メールサーバの準備です。


準備するにも工数が必要になりますし、既存のメールサーバを利用することを選択しても、
SMTP-Auth機能の有無で無駄な開発が必要となることもあります。
さらに、開発時に誤送信なんてしたら目も当てられません。


そこで私が重宝したのが、ローカルメールサーバ「Papercut - Home」です。


以前、開発時の便利なローカルメールサーバ·Papercut MOONGIFTでも紹介されていましたが、
Papercut - Homeへのリンクが切れていたので再度ご紹介します。


Papercut - Home は、Windows向けのフリーソフトで、インストールは不要です。
起動するとタスクトレイに常駐します。

常駐した状態で開発プログラムから、localhostの25番ポートにメール送信を行うと、
Papercut - Homeが受信します。

http://dl.dropbox.com/u/1047086/20100420/01.JPG


これで開発時に誤送信されることはありません。


また、Papercut - Homeでは、受信したメールを一覧で確認することができます。
日本語については文字化けしますが、papercut.exeと同じフォルダにEML形式のメールファイルが作成されるので、
メールファイルから確認することが可能です。

http://dl.dropbox.com/u/1047086/20100420/02.JPG

一覧で確認したメールを転送することも可能です。

http://dl.dropbox.com/u/1047086/20100420/03.JPG



メール配信アプリの開発時にはPapercut - Homeを利用して、
開発するアプリに注力しよう!(・∀・)